超重要!あなたの英会話の勉強法、間違ってます。知っておくべきマインドセット3つ

この記事は約4分で読めます。
Pocket

こんにちは、英会話太郎です。

今回は、英語の勉強効率を大きく左右する「マインドセット」についてお話します。

いくら勉強方法が正しくても、「マインドセット」が間違っていると

いつまでたっても上達しません。

 

英会話教室にも習いに行っている、英単語も毎日勉強している。

でもイザ、ビジネスシーンで外国人を目の前にしたら

  • ガクガク、ブルブル((‘Д’:))
  • 何言ってるのかサッパリわからん!
  • 全くしゃべれない!

なんてことないですか?

僕もそういう時期がありました。

マジで1mmも会話にならないんです。

それはあなたが「英会話の勉強法うんぬん」の前に

英会話学習にに対する認識、つまり「マインドセット」が間違っているからかもしれません。

英会話の勉強を始める前にあなたが持っておくべきマインドセット3つをお伝えします。

 


言語学習は「お勉強」ではない。

あなたは日本語で会話できますよね。

どのように日本語しゃべれるようになりましたか?
小学校で習った国語がしゃべれるようにしてくれましたか?

答えはNoですよね。

英単語を暗記するために机にカジリ付き、英単語を書きまくってませんか?
英会話教室で手渡された英語教材を「Repeat after me」してませんか?

日本語勉強するのにそんなことしましたか?

実はあなたは日本語を特段意識せずしゃべれるようになったわけです。

生まれたころから親の会話を耳にし、反復して聞いているうちに
自然と意味を理解し
聞き取れるようになり
ある日しゃべり出す
のです。

実は英会話も同じです。

数学や科学のような教科書的勉強法ではいつまでたってもしゃべれないし、聞き取れないんです。

英会話勉強のポイントは日本語を習得した過程をそっくりそのままマネることです。


「英会話は習うもの」ではない

あなたが英会話教室に通っているなら、

「英会話を習いに行っていますか?」

と聞かれたらYesと答える人が大半でしょう。

だって習いに行ってるんですから。

でも、習いに行っているという

受け身のマインドでは一生話せるようにはなりません。

英会話を上達させたいのであれば、

「英会話教室を使っている」

と言えるぐらいでなくてはなりません。

与えられた教材で、生徒と

みんなで仲良く英語を合唱してるような勉強法は全く無意味です。

それはあなたが一番よくわかっていると思います。

英会話の主役は常にあなたです。

  • 「外国人としゃべる機会を得るために英会話教室を使っている」
    「調べてもわからないことを聞くために英会話教室を使っている」
    あなたの血となり肉となるように英会話教室は使ってやるんです。

そういう主体的な攻め気持ちをもって英会話に取り組まないと、

英語は上達しません。


英語は意思を伝えるためツールでしかない

英語は自分の意思を伝え、相手の意思を理解するためのツールでしかありません。

目的はコミュニケーションをとることです。

ヘタクソでいいんです。完璧でなくていいんです。

カッチョイイ言い回しなんて必要ありません。

日本人は

  • 間違ったら恥ずかしい
  • まわりの目が気になる

とか思いがちです。

よく思い出してください。

誰でもいいのでまわりで英語が話せるヤツを。

友人、同僚、先輩、英語の先生でもいいです。

とにかく英語の話せる(とされる)日本人を。

あなたはその人の英語を聞いて

「あ、今の英語、文法的におかしい」
「発音ダサいな」

なんて思いましたか?

ただただ「なんか英語すごい」と思ったはずです。

実は回りの人間も同じです。

他人はあなたの英語の完璧さなんか

これっぽっちも気にしていません。

 

次に日本語を思い出してみてください。

国語の教科書に出てくるような日本語を話していますか?

例えば昼飯にうまいカツ丼を食べたとします。

「今日の昼のカツ丼は美味しいと思いました。」

なんて言いませんよね。

「いやー、今日の昼飯で食ったカツ丼、マジうまかったな!」

って言いませんか?

「いやー、今日の昼飯で食ったカツ丼、マジうまかったな!」

に正確な文法は存在しますか?

日常会話ってそんなもんです。

日本人ですら日本語はデタラメです。

ネイティブスピーカーも同じです。

英語はデタラメです。

ネイティブスピーカーは誰も教科書で習うような話し方はしてません。
(日本の教育は何教えとんねん!と語りだすと長いので今回はやめときます。)

アメリカで仕事をしているといろんな人種に会います。

中国、韓国、インド、メキシコ、フィリピン・・・

みんな英語はデタラメです。

でもみんな伝わるし、聞き取れるし、コミュニケーションが取れています。

英会話はあくまでツールです。

大事なのはコミュニケーションが取れることです。

恥ずかしがったり、完璧を求めちゃダメです。

 

(関連記事:RIZAP ENGLISHのガチの口コミ・評判情報が全く見当たらない件

コメント

タイトルとURLをコピーしました