英会話・ヒアリング上達に映画で勉強する【社会人におすすめしない4つの理由】

この記事は約5分で読めます。
Pocket

 

こんにちは、英会話太郎です。

今回は、

「英会話・ヒアリングの上達に「映画」で勉強するのは、社会人におすすめしない」

お話をします。

 

確かにネイティブがしゃべる生きた英語ではあります。

巷では、

  • 英会話の上達に映画がいい!ヒアリングに強くなる!
  • 映画ならストーリーがあるので興味を持って聞ける、続けられる

などのメリットが挙げられていますが、

英会話上達、ヒアリング力強化のために「映画」で勉強は社会人にはおすすめしません。

 

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由4つ

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由①:あなたの仕事に関係ない

 

映画は、幅広くいろんな言い回しが出てきます。

もしあなたが

  • ネイティブ並みの語彙力
  • カッチョイイ言い回し

を身に着けたいのなら、映画は悪くありません。

 

でも、

あなたの仕事でリアルに使う英語は出てこないでしょう。

 

なぜなら使う英語は、分野によって全く違うからです。

あなたの職業・分野にドンピシャの映画なんてものは皆無です。

ラブストーリー、コメディ、SFなんかはもってのほかです。

 

あなたの「映画」を見る目的が、仕事でつかえる英会話・ヒアリングの上達なのであれば、

あまりにもいらない情報が多すぎます。

 

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由②:口語的すぎる

 

当然ながら映画は、砕けた表現が中心です。

日本の映画でもそうですよね。

 

しかも映画のキャラ設定に合った表現や口癖があり、かなり偏った表現です。

決して一般的とは言えません。

ビジネスシーンではもっとフォーマルな英語をネイティブも使います。

なので、映画で出てきた表現を、社会人が実際に仕事で耳にすることはほとんどありません。

 

逆もまたしかりです。

社会人が仕事で英語を使うときは、話相手はビジネスパートナーです。

ビジネスパートナーに対して口語的表現なんて使わないですよね。

 

日本の映画を冷静に分析してみるとよくわかります。

仕事で使えそうな日本語は出てきたか?と自問自答してみます。

まぁ、仕事で使うような表現は出てこないですよね。

 

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由③:忙しい社会人には長すぎる

映画は普通、2時間程度あります。

社会人はただでさえ忙しいのに、

2時間という貴重な時間を映画に当てるのは厳しくないですか?

理解を助けるために日本語版の映画も見れば、合計4時間になります。

英語版の映画を見るのも一回では不十分ですので、

何度も何度も見る必要があります。

映画を見ながら、気になる文章をメモったり、その度止めたり、何度も聞き返したり。

 

映画を見た後で、最終的に残るのが

「で?」

です。

 

先にも、言いましたが、映画は、

  • あなたの仕事に関係のない
  • 口語的表現が多い

ので、長い時間かけて映画を見た後、

振り返ってみると何も得たものがないことに気づくと思います。

 

もちろん、

頑張って映画を見た後は、英会話力、リスニング力が上がったような、

変な高揚感と達成感はあります。

  • へぇー、ネイティブはこうやって表現するのか
  • こんな言い回しもあるんだな

という気づきもあります。

 

が、仕事で全く使えません。

 

時間がかかる割に、得るものがすごく少ないので、効率がよくありません。

「映画」は社会人におすすめしません。

 

百聞は一見にしかずです。

あなたが英会話力・ヒアリング力を上達させたい理由をはっきり意識しながら、

英語の映画を一本見てみてください。

こりゃ仕事に使えん・・というのがわかると思います。

 

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由④:復習できない

このフレーズもう一回聞きたいなと思っても、

2時間もある映画の中から、ほじくり返すのは至難の業です。

早送り、巻き戻し地獄です。

 

もし本当に聞き返したければ

何分にこのフレーズがあるというのをメモしないといけません。

 

映画は効率的に復習することができません。

英会話、ヒアリング力上達のために勉強・復習するには時間がかかりすぎてしまいます。

 

 

 

英会話・ヒアリングの上達に「映画」勉強をおすすめできる人

英会話・ヒアリングの上達に「映画」で勉強するのをおすすめできる人もいます。

英会話・ヒアリングの上達に「映画」で勉強するのをおすすめできる人①:中級者以上

 

例えばあなたが、

  • すでに仕事で、ある程度英会話を使っている
  • 英会話力・ヒアリング力には少し自信がある

という中級者なのであれば、現状維持・更にパワーアップするのに「映画」は有効です。

日本はただでさえ、英語を耳にする機会が少ないので、

映画はいい勉強材料になります。

しかも、映画自体が話のネタになります。

 

英会話・ヒアリングの上達に「映画」で勉強するのをおすすめできる人②:仕事とは関係のないところで、英会話力・ヒアリング力を鍛えたい人

英会話力・ヒアリング力を鍛える理由が、仕事じゃないという人には

映画勉強をおすすめできます。

例えば、

  • 外国人の友達が欲しい人
  • 純粋に英語で映画を楽しみたい人
  • 時間のある学生
  • 幅広い英語表現を身に付けたい人

など、仕事とは関係のないところで、英会話力・ヒアリング力を鍛えたいという人です。

 

 

まとめ:英会話・ヒアリング上達に映画で勉強する【社会人におすすめしない4つの理由】

社会人に英語の「映画」がおすすめではない理由4つ

  • ①あなたの仕事に関係ない
  • ②口語的すぎる
  • ③忙しい社会人には長すぎる
  • ④復習できない

英会話・ヒアリングの上達に「映画」勉強をおすすめできる人

  • ①中級者以上
  • ②仕事とは関係のないところで、英会話力・ヒアリング力を鍛えたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました