【実証済・英会話編】アメリカ駐在員が教える社会人が最短で英語を上達させる勉強法

この記事は約8分で読めます。
Pocket

英会話社会人勉強法

こんにちは英会話太郎です。

今回は英会話編です。

 

英会話を避けに避け続けてきた人生。

大学も英語入試なし、外国人の友達なし、英会話に触れることなし。

何とかなるでしょと楽観的に過ごしてきました。

だってここは日本ですよ?

だいじょうぶ、だいじょうぶ!

 

でも、

  • 目に見えてわかる外国人観光客の増加、「Excuse me?」と突然のキラーパス
  • 年齢を重ねるごとに会社で受ける「英語の仕事やんないの?」プレッシャー

 

英会話ができない自分に不甲斐なさを感じずにはいられない。

ヤバい・・・そろそろ英会話は避けて通れないゾ・・・

 

TOEICテストを受けるも350点。

どう見積もっても僕はThe英語のクズ」でした。

 

英会話弱者の僕は、弱者でもできる英会話勉強法を模索・実践し、

最終的にペラペラ、アメリカ駐在するまでに至りました。

 

今回は、僕「The英語のクズ」でもペラペラになるに至った、

社会人が最短で英語を上達させる方法をお伝えします。

 

中学校の英文法の復習をする

あなたの言いたいことを相手に伝えるには、

英会話は中学校で習った英文法で十分です。

あなたが外交官や通訳になりたいのであれば、話は別ですが、

中学英語以上の高度な英語はほとんど使うことはありませんし、

使うことがないため忘れてしまいます。

最短で使える英会話スキルにしたいのであれば、

まずは中学校の英文法を復習しましょう。

1000円~2000円程度の「これなら1冊勉強できそう!」という

薄っぺらくて簡単なものがいいです。

 

あなたの使う日本語を英語に直し、丸ごと覚える

英単語暗記編で紹介しましたが、

あなたの使う日本語は、

あなたがそのまま英語に使う確率の高い英語です。

しかも、あなたの口をついて出てきた日本語は、

普段からあなたの脳ミソに染みついているものなので、

会話を組み立てる上で最もあなたにしっくりくるものになります。

なので、普段から自分の使う日本語や口癖に気を配り、

「この日本語、英語でどういうんだろう?」と調べる癖をつけましょう。

で、それを暗記カードにメモし、丸ごと覚えるのです。

そうすることで、最短で使える英語をしゃべれるようになります。

 

例えば一例ですが、僕は

  • なんでやねん!?(=How come!? What!?)
  • どうせ結局(=at the end of the day)

なんかが日本語でも口癖なので、英語でも多用しています。

そういう言い回しを一つ一つ覚えていきました。

 

簡単な英語に言い換える練習をする

普段日常に溢れている日本語、例えば

  • 電車の中吊り広告、ポスター
  • 仕事で使った言葉
  • 普段の日本語の会話

を英語に直す訓練をします。

題材は何でも構いません。

ただしポイントがあります。

 

それは、

絶対直訳しないこと

です。

 

私たちは日本語を知っているので、

日本語であればいくらでも複雑な言い回しで表現できちゃいます。

それを英訳しようとすると、無茶苦茶複雑な英語が仕上がってしまいます。

 

英会話が苦手な人の典型的な思考は

日本語が思い浮かぶ

そのまま英訳しようとする

知らない単語があり、英訳できない

アウアウなる((‘Д’;))

となっています。

 

でも、思ったことを伝えるために複雑な英語は必要ありません。

始めのうちは以下のような思考回路になるよう普段から意識します。

日本語が思い浮かぶ

自分が言いたいことは何?

簡単な知っている英語で表現できないか?

 

この思考法は、

  • 変に複雑になりすぎた英語をシンプルにできる
  • 表現方法が限定されない、自分の得意な言い回しを選べる
  • 言いたいことが自分の言葉で表現できる

というメリットがあります。

 

具体的にはこんな感じで練習します。

例えばニュース記事でこんなのがあります。

日本マクドナルドは11日、ドリンクメニューの「カフェラテ」をリニューアルし、これまでの税込み200円を150円に値下げすると発表した。

 

直訳すると、

On 11th, McDonald Japan announced that price of ”Cafe latte” listed in the drink menu, which has been 200 yen tax included will be deducted to 150 yen as a renewal.

英語だけ読んだら何言ってるかサッパリわかんないですよね。

こんな英語はとっさに出てきませんし、

英会話で使うことはありません。

 

このニュースが言いたいのは

「マックのカフェラテが200円から150円になる」

です。

何日とか、リニューアルがどうとか、税込みとかどうでもいいんです。

僕なら

「Price of ”Cafe latte” of MacDonald will be changed from 200 yen to 150 yen. This is good!」

って英会話で表現します。

もっと単純化したら

「”Cafe latte” will be deducted」

って言うのもアリと思います。

 

このように直訳せずに、何が言いたいかを考え、シンプルにする練習をするだけで

英会話はグッと簡単になります。表現方法の選択肢も広がります。

 

生身の外国人に向かってしゃべる

頭の中でしゃべってみたり、独り言でしゃべるのには上達に限界がありますし、

実際に外国人に向かってしゃべるのは全く違う次元の話になります。

なぜなら相手の

  • 見た目の違い
  • 自信に満ち溢れた態度
  • 流暢な英語

など、その場の雰囲気が一気に緊張を呼び、思考を停止させてしまうからです。

 

この異様な雰囲気に慣れ、

「外国人も単なる一人の人間」

と思えるようにならなければ、出せる力も出せません。

 

そのために最も効果的な英会話訓練法は

  • 最も緊張感を高める人種と
  • 対面で話す

です。

 

例えば僕の場合は

・白人で目が青く、自分より背の高いネイティブ外国人男性

が、一番緊張しました。

つまり「The 白人男性」です。

 

英語をしゃべる黒人やアジア人は当然います。

なんでかわかりませんが、目が黒いだけで妙な親近感が沸いてしまいます。(僕だけ?)

でも、それじゃ英会話の練習にならないんです。

 

今となってはどの人種でも関係ありませんが、英会話開始当時はThe白人男性を探し

英会話の相手になってもらいました。

 

話相手となる外国人を探す方法

話相手となる外国人を探す方法としてはいくつかあります。

1、英会話教室を使う(ただしマンツーマン)

これが最もシンプルで最短で外国人と話す機会を得ることのできる方法です。

マンツーマンが絶対おススメです。

複数の生徒が参加する英会話では

  • 教科書的なお話になり話が深くならない
  • あなたがしゃべる時間が短い
  • 英会話しなくても授業が終えられる

などのデメリットがあります。

複数人の授業は、何しに英会話に行っているのか本末転倒です。

複数人の生徒が参加する授業に参加したことのある人ならわかると思いますが、

英会話能力上達しましたか?

僕もイ〇オンやらE〇Cの生徒複数人の英会話授業に参加していましたが、正直無意味でした。

貴重な時間をロスしたくない、本当に英会話を上達させたい人には絶対マンツーマンがおススメです。(ただしお金がかかります)

2、Language Exchange(ランゲージエクスチェンジ)を使う

日本語を学びたい外国人、英語を学びたい日本人が集まるコミュニティーに参加します。

SNSやウェブサイトで「Language Exchange Japanese」と検索をかければいろいろヒットします。

例えばココとか Language Exchange in Japan

基本無料ですが、そうそう簡単に近くに住んでいる人、会ってくれる人は見つかりません。

中には「英語の先生しますよ」と宣伝目的で個人的に参加している外国人もいます。

その場合は有料です。

Language Exchangeとはお互いの言語を教え合うことで、お互いの言語を勉強しましょう。というもの。

 

 

3、外国人の友達を作る

この方法は一番ハードルが高いですが、最も楽しく長続きする方法です。

英会話だけでなく文化、思想の違いも勉強できて、より深く英語を勉強することができます。

今すぐ英会話スキルが必要なんだ!という急ぎの人にはおススメできません。

1年以上勉強してもいいという、余裕のある人にはおススメです。

外国人の友達の見つけ方としては、2の「Language Exchange」や、英会話カフェ、外国人補助ボランティアなど日本人の友達を作りたい外国人が集まるところに首を突っ込みまくることです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

英会話を始めるあなたの参考になればと思います☺

 

(関連記事:RIZAP ENGLISHのガチの口コミ・評判情報が全く見当たらない件

コメント

タイトルとURLをコピーしました