【英語の語彙力を高める】アメリカ駐在員が暴露、失敗しない英単語の覚え方のコツ

この記事は約4分で読めます。
Pocket

英語暗記語彙力勉強法

こんにちは、英会話太郎です。

 

今回は英単語の覚え方のコツについてお話します。

 

「英単語の覚え方のコツ」の前に:英単語を覚えることが最終目標ではない

 

まず、「英単語の憶え方のコツ」の前に

お話したいことがあります。

「英単語を覚えることは最終目標ではない」ということです。

英単語を使いこなせることが最終目標です。

何が言いたいかと言いますと、

 

例えば

「Consolidate」という英単語を日本語訳しようとします。

 

「Consolidate?えー、あー、んー、統合する!」

 

これは覚えていると言えますが、使いこなせているとは言えません。

TOEICでも、学校の試験でも、英会話でも待ったなしで時間は過ぎていきます。

英単語ごとに「えー、あー、んー」では全く使い物になりません。

英単語をいくら暗記しても、英語が得意にならない理由は

英単語を覚えることを最終目標にしているからです。

英単語を見て、1秒以上思い出すのに時間がかかれば

使こなせているレベルとは言えないのです。

 

英語を目にしたらカブセ気味ぐらいに日本語訳が思い浮ぶ

ぐらいにまで、深く暗記しないといけません。

 

失敗しない英単語の覚え方のコツ – 「速く・広く浅く・何回も」

使いこなせるレベルで英単語を覚えるには「速く・広く浅く・何回も」も暗記することです。

  • 速く – 英語をパッと一目見る(1秒)、日本語訳を見る(1秒)
  • 広く浅く – 覚えたか気にせず、どんどん次の単語に行く
  • 何回も – 英単語帳をグルグル何周も回る

 

この覚え方は、あなたが日本語を獲得した過程そのものです。

幼い時に、一瞬目に触れた日本語を、覚えたか気にせず、何回も何回も触れているうちに

長期記憶として定着し

忘れることのない、使いこなせる日本語

になったわけです。

 

英単語も同じです。

忘れることのない、使いこなせる英単語にするためには、

「速く・広く浅く・何回も」英単語の暗記トレーニングをする必要があります。

1秒以内に日本語訳が思い浮かぶようになれば、その英単語は卒業です。

 

この「速く・広く浅く・何回も」のデメリット

  • 本当にこれで大丈夫か不安になる

ということです。

なんせ、1秒しか見てない英語と日本語訳ですので、

100回見てもなかなか覚えらない英単語もでてきます。

「うおー、また覚えてない!」とイライラもしますし、

「この覚え方で大丈夫か?」と不安になります。

 

でも大丈夫です。安心してください。

体感的には、苦手な単語だと2-3週間は覚えるのにかかります。

でも、一旦覚えると忘れませんし、真に使える英単語になっています。

 

見た瞬間に反射的に日本語訳が思い浮かび、

サラサラと英語の文章が読めるようになります。

 

また、逆に「速く・広く浅く・何回も」日本語単語→英語訳のトレーニングをすれば、

サラサラと英訳が浮かぶようになってきます。

 

絶対にやってはいけない失敗する英単語の覚え方 – 「短期記憶に頼る」

  • しかめっ面しながら、一単語に集中して
  • 10回書いてみる
  • 10回日本語を唱える

なんて覚え方してませんか?

これは短期記憶に頼った覚え方です。

 

突然ですが「エビングハウスの忘却曲線」って知ってますか?

ドイツの心理学者「ヘルマン・エビングハウス」が提唱した

  • 「短期記憶だとすぐ忘れる」
  • 「暗記を重ねるごとに忘れにくくなる」

というのグラフにしたものです。

「エビングハウスの忘却曲線」

このグラフからも分かるように、

短期記憶だと、3日もたてばほとんど覚えていません。

記憶がおぼろげになり「えー、あー、んー」と思い出すのに時間がかかります。

定着させるには、一回に集中して暗記しようとするより、

何回も繰り返すのが英単語の覚え方のコツです。

 

「英単語の覚え方のコツ」まとめ

  • 「速く・広く浅く・何回も」やることで、使いこなせる英単語を暗記できる。
  • 短期記憶に頼ったやり方はダメ。

(関連記事:RIZAP ENGLISHのガチの口コミ・評判情報が全く見当たらない件

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました